神奈川県の本厚木周辺の脱毛サロン

まず、いきなりですが脱毛サロンを選ぶ時には全国展開している大手サロンを選ぶことをおすすめします。
なぜかというと店舗の閉店や会社倒産のリスクが低いと思うからです。

本厚木ではすでに【ココリセ本厚木店】と【エステクレール本厚木店】という小規模サロンが閉店してしまいました。
二つともつい数年前までは営業していたにもかかわらず、ある日突然の閉店だったそうです。
やむにやまれぬ事情があったのだと思いますが、お客さんへの事前告知などは一切なく閉店したということです。

大手であればその店舗が閉店しても近くの別店舗へサロン移動ができる場合もあるはずですし、小規模店舗に比べて倒産のリスクも低いのではないでしょうか。
そして大手であれば、つい最近経営が破綻したエターナルラビリンスのように他社が業務を引き継いでくれるというパターンもあります。
エタラビの場合にはミュゼが吸収合併という形で一部業務を引き継ぐようです。
また、大手サロンであれば通っている人が全国にたくさんいるので、万が一トラブルがあった場合にもネットでみんなで情報交換をして対策を練ることもできます。
小規模サロンの場合には通っている人自体が少ないので情報交換も難しいはずです。

このような理由から、脱毛サロンを選ぶのなら大手をおすすめします。
本厚木だとジェイエステティック本厚木店、エルセーヌイオン厚木店、エステティックTBC本厚木駅前店、といったサロンが全国展開しているサロンです。

個人的にはジェイエステティックがお試しプランなどもありおすすめだと思います。
後は本厚木から少し離れますが、ミュゼプラチナム海老名ビナウォーク店という大手サロンも海老名にあります。
ミュゼもよくワキ脱毛やひざ下脱毛などの激安のお試しキャンペーンをやっていますね。

参考サイト:厚木 脱毛

ヘーゼル色のカラコン

みなさん、ヘーゼル色のカラコンを使ったことがありますか?
ヘーゼル色というのはイエローやゴールドに近い色味でベージュなんかもヘーゼル系といえると思います。
このヘーゼルカラコンはハーフ系だったりナチュラル系だったり派手目だったり種類によっていろいろと特徴がある万能カラーなのです。
ブラウンやブラックがカラコンの定番カラーかもしれませんが、ヘーゼルも侮れません。

ハーフ系カラコンを語るときにグレーと並んで外せないのもヘーゼルです。
例えばリルムーンのクリームベージュなどがハーフ系でヘーゼル系です。

明るめのヘーゼルカラーは肌が色白だったり髪色が明るめじゃないと目だけが浮いた印象になってしまうかもしれませんが、落ち着いた暗めのヘーゼルなら黒髪の人でも合わせやすいです。

例えばプティアのエルムヘーゼルは黒髪のナチュラルメイクにも合う自然なヘーゼル系カラコンです。
どういったところが自然かというとまずはフチです。
フチの部分がドット柄で着色されているので、周りの人から見るとフチがぼやけた感じに見えるのでカラコンを付けていると気づかれにくいです。
周りに内緒でカラコンを付けたいときなんかに活躍しますね。
学校や職場なんかでカラコンを付けていると知られずに、こっそりと瞳を大きく見せることができます。

逆にラヴェールのシルキーベージュなんかはくっきりとしたフチで高発色なので、派手目なメイクや華やかなファッションとの相性が抜群です。

このように一言でヘーゼルといっても色々な種類があるのが面白いですね。
ブラウンやブラックに飽きて来たらヘーゼルに挑戦してみてはどうでしょうか?

関連サイト
プティア エルムヘーゼル 自然
カラコン 黒髪

テスト投稿 kiss your…

二 四方に聳ゆる山々は
  御嶽乗鞍駒ヶ岳
  浅間は殊に活火山
  いずれも国の鎮めなり
  流れ淀まずゆく水は
  北に犀川千曲川
  南に木曽川天竜川
  これまた国の固めなり

 ところで、かつて外人の評として、伊太利製のものはナポリだとかフローレンだとかローマとかを背景にするから、クラシカルなものには適当で、古代を味うには頗る興味があるが、新らしい即ち現代を舞台とする筋のものでは、やはり米国製のものであろうといっているけれども、米国製品にしばしば見るカウボーイなどを題材にしたものは、とかくに筋や見た眼が同一に陥りやすくて面白味がない。けれども探偵物となるとさすがに大仕掛で特色を持っている。しかしこれらの探偵物は、ただほんのその場限りの興味のもので、後で筋を考えては誠につまらないものである。

 その頃の上野には御承知の黒門があって、そこから内へは一切物売を厳禁していたから、元の雁鍋の辺から、どんどんと称していた三枚橋まで、物売がずっと店を出していたものだったが、その中で残っているのは菜の花の上に作り物の蝶々を飛ばせるようにした蝶々売りと、一寸か二寸四方位な小さな凧へ、すが糸で糸目を長く付けた凧売りとだけだ。この凧はもと、木挽町の家主で兵三郎という男が拵らえ出したもので、そんな小さいものだけに、骨も竹も折れやすいところから、紙で巻くようにしていわゆる巻骨ということも、その男が工夫した事だという。
 物売りではないが、紅勘というのはかなり有名なものだった。浅黄の石持で柿色の袖なしに裁布をはいて、腰に七輪のアミを提げて、それを叩いたり三味線を引いたりして、種々な音色を聞かせたが、これは芝居や所作事にまで取り入れられたほど名高いものである。